漢方薬局でよくあるご質問についてこちらでお答えしようと思います*



Q1.西洋医学とどう違うの?


A.『悪い所を治す』のではなく、予防・体質改善する。


漢方には西洋医学同様に、病気や症状を治療する役目もありますが、予防・対策がもっとも大切な役目です。

誰にでもやってくる更年期や廊下、体の衰えに備えて、前もって体を整える役目を果たすのが漢方です。




Q2.病院で処方される薬と併用しても大丈夫?


A.時間をずらせば大丈夫。心配なら漢方の専門家に相談を。


病院から処方された薬と漢方薬は、時間をずらして服用すれば問題ありません。基本的に病院のお薬は食後ですが、漢方薬は食前や食間に服用いただくことが多いかと思います。

しかし併用できないものもありますので、購入の際には漢方の専門家や薬剤師、登録販売者にご相談を。


漢方のご相談はお近くの漢方相談薬局まで^^

*日本中医薬研究会 会員店ご紹介*

Q3.漢方はどこで購入できるの?

A.信頼のおける漢方薬局・薬店で。

最近ではドラッグストアで購入できる漢方薬もありますが、その人の体質や症

状に合った適切な漢方薬を選ぶことが非常に大切です。

友人に勧められたり、広告を見るだけで選ぶよりも、しっかり漢方薬局で薬剤師や登録販売者に相談することが大切です。

Q4.どのくらいの期間で効果を実感できる?

A.すぐに効果が出るものと、時間のかかるものがあります。

漢方薬には、風邪薬のように頓服ですぐに効果が出るものと、体質改善を図った漢方薬のようにゆっくりと効果を現すものがあります。また、症状や体質によっても異なります。

長年患っていた症状を改善する場合は、どうしても時間がかかってしまいます。

Q5.味やにおい等ある?

A.漢方薬によってさまざま。

漢方薬には栄養を与えるものは穏やかで優しい味、解毒作用のあるものは苦

いといった傾向があります。においはどの漢方薬にもありますが、あまり気にならないものが多いです。

Q6.保険適用漢方と自費漢方の違いは?

A.自費漢方ではオーダーメイドの処方が可能。

保険適用の場合は漢方薬の種類が限られています。自費漢方であれば、より多くの漢方薬の中から体質や症状に合わせたそのお客様だけの「オーダーメイド」な処方が可能です。

Q7.漢方の値段はどのくらい?

A.予算に合わせて処方が可能。

保険適用ではない漢方薬は、高額なイメージが強いものです。しかし、相談の際に予算をあらかじめ伝えていただければ、今一番必要なものからオススメします。

Q8.一日のうち、いつ飲むのが効果的?

A.空腹時や食間に飲むのがベスト。

漢方薬は空腹時の服用が効果的だと言われています。そのため、食前や食間などに飲むのをオススメしています。

しかし飲み忘れた場合や、胃腸があまり丈夫でない方は食後でも大丈夫です。

Q9.複数の漢方薬との併用は大丈夫?

A.組み合わせを考えて処方しているので大丈夫。

複数の症状に対応するために、数種類の漢方薬をお出しすることがありますが、効果的で、相乗効果のある組み合わせを考えてご紹介します。

漢方専門家にご相談ください。

他にも様々なご質問をいただきますが、今回はとりわけ多いご質問をいくつか挙げさせていただきました。(がついてあるのは特によくあるご質問です。)

なにか漢方薬について分からないことがありましたら、当店もしくはお近くの相談しやすい漢方薬局までご相談ください(^-^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


薬局COCOファーマシー  

住所:兵庫県神戸市垂水区高丸1丁目1-5

お電話:0120-84-8155
営業日:月~土曜日9:30~19時

定休日:日・祝日