皆さん、こんにちは!

桜も満開を迎え、すっかり春らしい気候になりましたね!

スギ花粉はピークを過ぎましたが、ヒノキ花粉が出てきたりとまだまだ花粉の方にはツラい時期が続きますね。

今回は以前ご紹介した大高酵素 と花粉症の関係についてお話させていただきます。

まず、花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患と腸内環境は切っても切れない関係にあります。

ざっくり言うと花粉症は免疫システムの誤作動によりって産まれた抗体が普段害のない花粉を攻撃対象と誤解して、涙や鼻水で応戦しているような状態のことです。

その誤作動は免疫力のバランスが悪い事が原因になります。

そして免疫力のバランスが崩れる引き金は食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなど免疫力の低下と言われています。


私たちの免疫力を司る細胞を「免疫細胞」といいます。
実はその免疫細胞の7割は私たちの腸の中で作られています。

さらに腸の中で生まれた免疫細胞は、腸の中にいるたくさんの細菌たちによって、強くたくましい免疫細胞になるよう鍛えられます。

ちなみに私たちの腸の中には、なんと約100兆個の細菌が棲みついているといわれ、それら細菌がつくる集落はとても美しく、ギリシャ神話の花の女神の名称をとって、最近話題の「腸内フローラ」とも呼ばれています。

この腸内フローラの中で、免疫細胞はたくさんの細菌にトレーニングをしてもらっています。

ただ、この腸内フローラの中が乱れてしまうと、免疫細胞がうまくトレーニングを受けられず、何をしたらいいのか分からずに混乱してしまいます。
それがいわゆる免疫システムの誤作動です。

つまり免疫システムの誤作動を防ぐためには、腸内フローラの環境が乱れないようにする必要があります。

腸内フローラの環境を整えるためには、腸内細菌を増やすことが大切です。

そこで腸内フローラを整える『大高酵素』がオススメです。

大高酵素には、腸内に住む善玉菌の栄養素となるオリゴ糖が豊富に含まれています。
善玉菌は栄養素が豊富な大高酵素のお蔭で活発に活動することができるようになり、結果的に腸内環境が整い、免疫力向上に効果的に働きかけます*

腸内フローラが整う事で、免疫細胞もしっかりとトレーニングされるので、免疫システムの誤作動が少なくなってきます。

人によっては一時的に酵素断食を行って、短期間に体のデトックスを行う方が良い方もいらっしゃいます。

また、多くの芸能人の方も『大高酵素』をご愛用いただいていますが、その中でも真鍋かをりさんは花粉症にとても効果があったと雑誌の取材で答えられていました。

真鍋かをりさんが大高酵素を愛用される理由は、花粉症の症状緩和と酵素断食のようです。

大高酵素はCMなどメディアで広告をしていない分、知名度はそこまで高くないですが、一番古くから続く酵素飲料であり、真鍋かをりさんのような芸能人の方が愛用されていると聞くと安心感がありますね。

では、真鍋かをりさんが実際に大高酵素をどのように愛用されてるのかお伝えします。

真鍋かをりさんは中学3年の時から花粉症に悩んでらっしゃるようで、
花粉が原因でガサガサになってしまうところを、大高酵素を愛用しながら
体の内側から免疫力アップをして花粉症と付き合ってるそうです

やはり今は少し花粉症がツラくても、病院のような抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬で症状を抑えるだけでなく、内側からしっかりと体質改善をして根本治療する方をオススメします!

花粉やアレルギーがツラい方は是非一度ご相談ください。

店頭では無料試飲も行っています(^-^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


薬局COCOファーマシー  

住所:兵庫県神戸市垂水区高丸1丁目1-5

お電話:0120-84-8155
営業日:月~土曜日9:30~19時

定休日:日・祝日