最近テレビでも『酵素』について大きく取り上げられ、いわゆる酵素ブームですね!

今日は植物性発酵飲料が今、注目される理由をご紹介します。




胃腸疾患(便秘、下痢、潰瘍、ポリープなど)

大高酵素 」は胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの原因菌とされるヘリコバクターピロリ菌に対して、直接的な除菌効果を持ち、また副作用をもたらさず、同時に免疫調整機能を発揮します。

また、「大高酵素」は、梅干しのように、腸では酸性を示し、吸収されると血液でアルカリ性を示して整腸効果、疲労回復効果などを発揮します。

そして、腸内でビフィズス菌などの腸内有用微生物に良質な環境や食料を提供する事ができ、腸内微生物をバランスよく保持する事ができます。

つまり、「大高酵素」は、腸内を善玉菌の生息しやすい酸性に保ち、腸内微生物をバランスよく保持して、腸内環境を整える事ができる飲料です。

以上の事より「大高酵素」は、胃腸系に対して良好な環境を提供して、胃腸系疾患に対して有効かつ効果的に働きかける事ができると言えます。





肝臓疾患

「大高酵素」は「すでに消化済みでクリーンな酵素飲料」であるために速やかに吸収されて、ダイレクトに肝臓に運ばれます。また、肝臓に負担のない液質であるため肝臓に休養を与え、「大高酵素」に含まれる生理活性物質により肝細胞をクリーンにするとともに、元気づける事ができます。

つまり、肝機能の休養と肝細胞の栄養補給を同時に行うことができことにより肝臓機能の改善に効果が期待できます。





腎臓疾患

腎臓は血液中の老廃物や余分な塩分・水分をろ過し、尿として排泄する臓器ですが、非常に繊細な組織であるため、一度壊れてしまうとほぼ再生できません。腎臓疾患の治療の基本は「現在の腎臓組織に負担をかけず、残されている機能を大切に使用する」ことであり、病院の指導では「高カロリー・低たんぱく」の食事療法を勧められます。

「大高酵素」はまさしく「低脂肪・低たんぱく・高カロリー(太るわけではないです)」の食品であり、さらに「ろ過負担が少ない消化済みのクリーンな食べ物」であるため、腎臓に負担がかからない有効な酵素飲料です。




このように、大高酵素は全身の様々な症状にたいして有効であり、その時の症状をとるだけでなく、特に胃腸を立て直すことにより体を根本から改善し、元気にしてくれます(^-^)

なにか分からないことがあれば、いつでもご連絡ください*





最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


薬局COCOファーマシー  

住所:兵庫県神戸市垂水区高丸1丁目1-5

お電話:0120-84-8155
営業日:月~土曜日9:30~19時

定休日:日・祝日