最近、当店でもご夫婦でご来店くださる方が増えています。

以前までは『不妊症=女性側の問題』という偏った考えがあり、ご主人は精液検査さえ受けたことがない。病院にもついて行かないという方が非常に多かったです。


しかし、メディアや情報が広がるにつれて『男性側にも約半数』原因があるという事が判ってきました。ここ30年、特に1990年以降では10%の精子減少していると言われます。また、男性の娃孕性(妊娠できる力)は流産、早期破水、胎児疾患、胎児死亡にも関係しています。

今から不妊治療を始めよう!というご主人はまず精液検査からでも始めてみましょう!

どこが悪いのか見つけたいわけでなく、検査を受け、ご自身の精子の状態を把

握し、より良い精子をつくりだすための準備をしましょう!






*精子とは*

精子はどうやって作られている?

精子は睾丸の中にある「精巣」で作られています。

もともとたんぱく質(精子の合成には亜鉛も必要です)で、およそ74日間かけて精原細胞から精子になります。それから精子の通り道(精管)を成長しながら通って射精され体外に排出されます。






精子の数は?

男性は一日に、5,000万~1億個の精子を作っています。

卵子はもともと卵巣に貯蔵されている原始卵胞が排卵されて、卵子の元になる原始卵胞はどんどん在庫が減っていくのですが、精子は毎日新しく作り続けています。

精巣には最大10億個の精子を保存でき、一回の射精で1億~4億個の精子を出すことができるので、2~3日に1回の射精がちょうど良いといわれています。




精子の質とは?

一般的に精子の質とは、精子の運動率の事(「運動精子=良好精子」)を指す事が多いです。しかし、見た目の精子数や運動率だけでは良い精子を見分けることはできません。数や運動など見栄えの良い元気そうな精子でもDNA損傷が損傷している精子もあり、見かけだけでは判断できないです。

2009年には日本産科婦人科学会においても、『精子数や運動率は必ずしも精子の質を直接反映するものではない』とコメントしています。

そのため、総合的に判断されると良いかと思います。



*WHOによる精液検査の基準値(2010年)

・精液量:1.5ml以上
・精子数:3900万以上
・運動率:40パーセント以上
・奇形率:96パーセント未満
・精子濃度:1500万/ml以上
・総運動精子数(総精子数×運動率):1560万以上

精液検査の結果の見方は「生殖が可能な基準値としての下限」をクリアしているかどうかで、「どれだけあったらどれくらいの確率で妊娠するのか」という正確なデータというわけではありません。
なので、検査数値が良いから必ず妊娠するわけではないですし、悪いからと言って全く妊娠しないわけでもありません。

さらに男性の精液は毎日精巣で新しく作られるため、日々の生活習慣やストレスの影響を反映しやすいと言われます

そのため、少し間をおいて複数回検査し、全回の結果を総合的に見て、不妊原因の有無や程度が判断されます。また、たとえば検査の頻度や検査方法、検査前の禁欲期間といった検査条件は病院の考えにより異なります。

検査条件を一定にしてより正しい結果を得るためにも、複数回の検査は同一の病院で受けるとより正確なデータになりますね!





精子の寿命は?

精子の寿命は24時間~27時間といわれています。しかし膣に入ると、寿命が3~7日まで伸びるので、そこで生き残った精子が卵子と結合するのです。

射精直後の精子には受精能力がありません。子宮腔を進みながら受精能力を獲得し、およそ射精後5~6時間後から受精可能運動が出来るようになります。
そして、受精可能期間は1日半(36時間)と言われています。





精子と加齢との関係は?

精子は毎日作られているので、加齢とは関係なく新鮮で元気なものが作られている!と思っている方も多いかもしれません。

確かに芸能界を見ても50代、60代でパパになる方もいらっしゃり、女性に比べると年齢の影響は受けにくいと言われますが、毎日作られている新しい精子も少なからず加齢の影響を受けます。

近年の様々な研究によると、男性は35才を境に精子力が落ちる事が判ってきています。

加齢は精子を育てるホルモンや細胞、精子そのものの数を減らし、DNA損傷精子を増やします。染色体異常によるものが多い初期流産が増え、子どもの染色体異常も一部の疾患でやや増えると言われます。





不妊治療はついついどこが悪い、どちらに原因がある。という犯人捜しばかりに目が行ってしまいますが、不妊治療とは決して1人でするものではありません。

ご夫婦がご夫婦お二人で協力して初めて実を結ぶものです。ぜひ二人で協力して良い結果を出しましょうね(^-^)







最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


薬局COCOファーマシー  

住所:兵庫県神戸市垂水区高丸1丁目1-5

お電話:0120-84-8155
営業日:月~土曜日9:30~19時

定休日:日・祝日