今朝のあさイチで『おりもの』について特集が組まれていたので、こちらでは中医学的なおりものをご紹介したいと思います。
昔の中国では、産婦人科医は「帯下(たいげ)医」と呼ばれていました。

女性の健康状態を知るために、それほど「おりもの」が重視されていたという事が分かります。


おりものって何?

そもそも「おりもの」とは何でしょうか?

おりものは女性特有のもので、それ自体は病気によるものではありません。

その役割として

・膣に雑菌が入るのを防ぎ、清潔に保つため

・精子との受精を手助けする

の分泌液で、中医学の古典医学書にも「帯下(おりもの)は女子が生まれたときからあるもので、常に潤いがあり、病ではない」という記載があります。

正常なおりものは無色透明で臭いも少なく、量も少量。

一般的に、生理前や排卵期、妊娠期にはやや多くなり、閉経後には減少します。おりものがこのような状態であれば、特に心配する必要はありません。



では、ここから不快なおりものについてご紹介します。


『脾虚(ひきょ)タイプ』

特徴:量が多い・白っぽい・臭いは強くない

暴飲暴食や不規則な食事、疲労、ストレスなどが原因で脾胃(消化器)の働きが低下すると、水分を全身に運ぶことができなくなってしまいます。

その結果、体内に余分な水分や汚れが停滞し、「湿邪(しつじゃ)」が生まれます。
このタイプな方のおりものは、このように発生した体内の湿邪が身体の下部に集まっている状態です。

そのためおりものの量が多く、白っぽい、臭いは強くない、疲労感、食欲不振、下痢、顔色が白い、むくみなどの症状が現れます。

食養生:余分な湿を取り除くと同時に、弱った脾胃を健やかにする食材を。

【いんげん豆、大豆製品、銀杏、ハトムギ、山芋、お米など】





『腎虚(じんきょ)タイプ』

特徴:量が多い・色が薄く水っぽい

腎は生命活動の源ともいえる臓であることから、加齢とともにその機能が自然と衰えていきます。

また、慢性疾患による消耗から腎の働きが弱くなることもあります。
このような原因で腎の「陽気」が不足すると、「陰邪」である湿邪が発生し、不快なおりものの原因になります。

また、腎の機能が弱くなると、身体に必要な水分を体内で留めておく力が不足し、おりものの量が増えてしまいます。
このタイプは更年期に見られることが多く、量が多く、水っぽいおりもの、冷え性、腰痛、めまい、耳鳴り、物忘れ、夜間の頻尿といった症状を伴うことが特徴です。

食養生:五臓六腑の根本である腎を補い、体に必要な水分の流出を防ぐ食材を。

【山芋、クコの実、くるみ、しじみ、ニラ、黒豆、黒ゴマ、焼き海苔など】








『湿熱(しつねつ)タイプ』

特徴:色が黄または赤っぽい・粘りがある・臭いが強い

他の2つのタイプでは、不快なおりものの原因「湿邪」が発生する仕組みについてご紹介しました。

これらの症状は初期のうちに改善する事が大切ですが、長期化して湿邪が体内に長く停滞すると熱が発生し、「湿熱」へと変化してしまいます。

また、湿熱は生理期間中や妊娠期間中に発生することもあります。
湿熱タイプのおりものは、黄色または赤みを帯びていて、粘りがあり、臭いも強くなります。また、下腹部や陰部の痛み、微熱、口の乾き、口臭、尿の色が濃い、便秘気味といった症状を伴うことも特徴。

食養生:体内の湿熱を取り除きながら、利尿・通便作用のある食材を。

【ニガウリ、緑豆、干し柿、バナナ、イチジク、トマト、おくら、枝豆など】






このように、不快なおりものの症状を解消するためには、身体の中からしっかり改善していくことが大切です*

また、臭いが強いからと言って膣洗浄をし過ぎないことも大切です。

免疫力の低下も根本的な原因となるので、まずは「十分に睡眠をとる」「バランスの良い食事を心がける」など、しっかり体力を養うことを基本に考えましょう。また、湿邪は「陰」の邪気なので、身体を冷やさないようあたたかくする工夫も忘れずに。
おりものが気になるときは、通気性の良い綿素材の下着を選び、なるべく蒸れを防ぐようにしてください。常に清潔な状態を心がけること、入浴の際は刺激の少ない石けんを選ぶことなどもポイントです。
また、菖蒲湯やドクダミ湯もおすすめです。漢方では、菖蒲は胃を健やかにし、邪気を発散する薬草として使われています。

ドクダミは別名「十薬」とも呼ばれ、多くの効能を持ちます。特に利尿、解熱、解毒、消炎、抗菌作用があるので、膣を正常に保つためにもオススメです。


ついつい洗浄やナプキンを定期的に変える事で済ませてしまおうとしがちですが、おりものは体の状態をしっかりと伝えてくれています。

そのメッセージをしっかりと受け止めて、体の中から体質改善していくように心がけましょう(^-^)

非常にデリケートな部分なので、友人や家族にも相談しにくいと思います。その場合はお近くの相談薬局や漢方薬局でお話を聞いてみるのも良いかもしれませんね!





最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


薬局COCOファーマシー  

住所:兵庫県神戸市垂水区高丸1丁目1-5

お電話:0120-84-8155
営業日:月~土曜日9:30~19時

定休日:日・祝日