連日気温が38℃を超えており、今年は別格に暑いですね。

先週から日本列島は熱波に包まれています。
高温多湿の状態が継続すると熱中症の危険は高くなりますので、中医学の養生の知恵を活かし対策をとりましょう*

生活面では日中の外出は控えめにして、直射日光の下でのスポーツや庭仕事などはできるだけ避け、水分をこまめに補給しましょう。
乳幼児や高齢者の方、ペットなどは暑さを感じにくく、熱を上手く逃がすことができないので、特に要注意です!


最近では夜間も気温がなかなか下がらないので、寝ている間に熱中症で亡くなる方も増加しています。夜間も冷房などを常時に使用して室温調整を行いましょう*


中国では、この季節を「三伏天」と呼びます。

7月27日から8月14日までを中伏と言い、最も暑い時期にあたります。
大量に発汗し、汗とともにミネラルなどが消耗し、「耗気傷陰」(体の元気と水分が失われた)状態となるので、「補気生津」「滋陰斂汗」(元気と水分を増やしてあげる)の漢方薬や養生が必要になります*






予防にオススメ『麦味参顆粒』! 
夏バテやこの時期の疲労をとるには『麦味参顆粒 』が本当にオススメです*
麦味参顆粒は“麦門冬”“朝鮮人参”“五味子”という3種類の漢方物質を組み合わせたシンプルな漢方薬です。
疲労を回復させる力が非常に強く、心臓のポンプ機能を高める働きにも優れていて、息切れやめまいを防ぎ、ストレスに強い体にしてくれます!
1日2包飲まれると疲れの取れ方が違いますよ*
オススメの飲み方はアクエリアス500mlに2包溶かすと飲みやすいですよ♪

高齢者や乳幼児は、肌の温度感知能力が低いため、たとえ喉が乾いていなくても、定量の水分補給を心がけてください!その際、一緒に麦味参顆粒を服用すると良いですよ(^^)





また、「汗」は「心の液」と言われるように、汗がたくさ出ると、心臓に負担がかかりますので、心・脳血管病の発症リスクが高まります。
日頃血圧の高い方や不安定な方、心臓が弱い方は、麦味参顆粒と冠元顆粒 を併用すると予防には最適です!




食事の養生
消化しやすいものを中心に、タンパク質、温野菜、果物などを積極的にいただきましょう!
夏野菜は体の熱を冷ますので、夏バテ予防には効果的です!しかし、摂りすぎは冷えや血行不良の原因にもなるので、特に冷え性、生理中、妊娠中、お腹の弱い方は食べ過ぎには注意しましょう!
案外、夏は冷たい物の食べ飲み過ぎ、エアコンの影響で冷えている方も多いです。できるだけ1食に1品はお味噌汁やお粥、スープなど体が温まる食べ物を取るようにしましょう(^^)!




心、体の養生
中国には「心静自然涼」という言葉があります。
暑熱は、心穏やかにすることで周りは落ち着き、涼しさを感じるということです。身体は暑く感じると、発汗中枢や体温調節中枢が活発になり、自律神経が乱れやすくなります。

特に常にエアコンなどで涼しい環境にいて、急に外の熱い環境に出ると自律神経が乱れ、体はストレスを感じます。エアコンの設定温度は下げ過ぎないようにしましょうね!
そして1日に1回はしっかり汗をかいて、人間が本来持っている体温調節機能を鈍らせないようにしましょう!






今年の夏は本当に暑いです!
すぐイライラしたり、カッとなりやすくなりますが、「心静自然涼」の心を忘れずに、気持ちも心も穏やかに夏を過ごしましょう(^-^)!








最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


薬局COCOファーマシー  

住所:兵庫県神戸市垂水区高丸1丁目1-5

お電話:0120-84-8155
営業日:月~土曜日9:30~19時

定休日:日・祝日