明日は「節分」ですね。

みなさんのお家は豆まきをしますか?(^^)

今日は中医学とは違いますが、日本の習慣「節分」のお話しをしたいと思います*

 

 

節分の由来

節分はその字の通り「季節を分ける」という意味が含まれます。

そして実は節分は立春立夏立秋立冬と年4回ありますが、日本では昔、立春は1年の始まりで節分の中でも特に尊ばれていたので、次第に節分と言えば春の節分のみを指すようになりました。

平安時代の宮中では節分は新しい年を無事に過ごすための厄払い行事で室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し民間にも定着していきました。

 

そして立春の前日に「これから始まる一年が不幸や災いのない一年になりますように。」という願いを込めて、一年に一度、節分をこの時期に行います。

 

 

 

豆まきの由来

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ鬼を退治できたという話が残っていて

「魔の目(魔目=まめ)に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じています

ここで注意なのは、必ず『炒った豆』にするようにして下さい。

これは、なぜかというと生の豆は、そこから芽が出てきます。
「魔」から目が出てくるということで、大変、縁起が悪いとされています!

 

 

渡辺さんと坂田さんは豆まき不要!?

渡辺家が豆まきをしない理由は伝承によって違うところがありますが、平安時代に武将・源頼光は鬼・多くの鬼を従えて大江山(京都)を荒らしていた鬼・酒呑童子
退治するために四天王のひとりである渡辺綱らによる
討伐隊を結成して鬼退治に行き、酒呑童子を仕留めました。

鬼は改めて渡辺綱を襲撃しましたが、返り討ちに合い腕を切り落とされました。

その腕は薬で元に戻りましたが、鬼は渡辺綱の強さに驚き、恐れるようになったため

渡辺一門やワタナベ姓の子孫にも近づかなくなったと言う理由から渡辺さんはわざわざ豆まきをしなくても良いと言われています。

 

坂田さんはあの「まさかり担いだ金太郎~♪」でおなじみの金太郎こと、『坂田金時』が鬼退治をした。というところから、同じように豆まきは不要だと言われています。

 

 

 

と、色々ありますが、日本古来の文化ですので、明日の夜はぜひ豆まきしてくださいね(^-^)

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

薬局COCOファーマシー  

住所:兵庫県神戸市垂水区高丸1丁目1-5

お電話:0120-84-8155
営業日:月~土曜日9:30~19時

定休日:日・祝日