今日は「節分」ですね。

今晩はお家で豆まきをする方も多いかと思います。

豆まきをした後は「年齢+1個」大豆を食べますね*

今日は大豆に関係するお話をしたいと思います。

 

大豆の栄養素

大豆は豆類の中でもタンパク質を豊富に含むことから「豆の王」、動物性タンパク質にアミノ酸の組み合わせが似ていることから「畑の肉」とも呼ばれます。

 

大豆は三大栄養素と言われるタンパク質、脂質、炭水化物や各種ビタミン類、カリウム、鉄分、カルシウム亜鉛といったミネラルなど様々な栄養素をバランスよく豊富に含んだ栄養食です。

脂肪も多いですが、動物性脂肪と違い、コレステロールが低いのが特徴です。

 

 

 

大豆の魅力的な力

・肉体・脳疲労回復効果:大豆に含まれる「大豆ペプチド」は肉体・脳の疲労回復のどちらにも効果があります。

 

・健康維持に:大豆に含まれるアミノ酸の一種「アルギニン、グルタミン」も豊富なため、免疫力が上がり、風邪やインフルエンザの予防や肝機能向上により、二日酔いの改善にも効果的!

 

・精神安定、集中力向上:大豆には「ハッピーホルモン」と呼ばれるセロトニンの原料になる「トリプトファン」をはじめ、豊富なアミノ酸により『イライラ、緊張、不安、鬱、不眠』など精神的症状を緩和します。

また、脳の働きも活発になるので、集中力、記憶力も向上します!

 

・更年期障害、ホルモンバランスの乱れに:大豆の有名な成分の1つ「大豆イソフラボン」は女性ホルモンの1つ『エストロゲン』と似た働きをすることが認められ、女性ホルモンが足りない時は補う働きをし、過剰な時は抑える働きをすると言われます。補うよりは、バランスを整える働きがあります。

更年期前後に見られやすいイライラや不安、憂鬱、無気力などの精神的症状や骨粗鬆症の予防などに有効です。

また、若くても生理不順やPMSなどホルモンバランスの乱れからくる症状にも効果的だと言われます。

 

・貧血、冷え性改善に:大豆に含まれる「大豆レシチン」には血管内をキレイにする働きがあり、「サポニン」にも血液循環を改善する効果があるので、冷え性の改善に繋がります。

また、鉄分も豊富に含むので、貧血でお悩みの方にもオススメです!

 

・便秘、むくみ、腸内環境改善に:大豆は豊富な食物繊維に加えて「大豆オリゴ糖」と呼ばれるオリゴ糖を含み、腸内の善玉菌を増やし、腸内フローラ、便秘の改善する働きがあります。

また、カリウムも豊富に含むので、むくみの解消にもなります。

 

その他にも美肌、美白効果、ダイエットサポート効果など様々な魅力的な効果が大豆にはあります*

 

 

『ウィルビーAMS』

大豆が体にとても良いのは分かるけど、毎日は食べられない…そんな方にオススメなのが植物性たんぱく『ウイルビーAMS』です!

 

「ウイルビーAMS」は大豆中の脂質、炭水化物を除いた大豆たんぱく質を主原料とした高たんぱく食品です。

また毎日の健康にかかせない鉄分、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルと11種のビタミンをプラス。

さらに甘味やほかの風味を一切加えず、大豆本来の風味で仕上げていますので、色々な食べ物や飲み物に加えても美味しくお召し上がりいただけます(^-^)

付属スプーン1杯(約7g)が1回分の目安で、大豆たんぱく質が5.2g摂れ、しかもカロリーは約25kcalと低カロリーです。

コーヒーやココアなどに入れて、お手軽に大豆を摂取できるのでオススメです!

 

1缶(360g入) 4,104円(税込)

 

 

 

 

 

 

後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

薬局COCOファーマシー  

住所:兵庫県神戸市垂水区高丸1丁目1-5

お電話:0120-84-8155
営業日:月~土曜日9:30~19時

定休日:日・祝日